ごみ屋敷とは

ゴミ屋敷とは?

ゴミ屋敷とは、ゴミで外まで山積みになった建物や土地のことをいいます。
最近テレビや雑誌で取り上げられるようになりました。多くの場合は、その民家や土地の住人で、
孤立している老人や順調に進んでいた人が仕事などで問題を抱えた場合に見られます。
その建物の中で暮らす場合と、ゴミをためて違う場所で暮らす場合があります。
似ている事例にはネコ屋敷やイヌ屋敷があります。何故このような現象が起きてしまうのでしょうか?

ゴミ屋敷になる原因
高齢者の孤独感から来るゴミ屋敷もありますが、ドアを開けなければ判らない
ゴミマンション・ゴミ部屋というのもあります。比較的若い人にも見られる現象です。
これには、ゴミを出せずにたまっていく・プラスチック容器包装のゴミが増える・収納場所がないなどの原因があります。
特徴としては、人を部屋へ招くことがない・一人暮らしなので、気づく人がいない・家に帰りたくないなどが考えられます。

ゴミ屋敷を作る人の心理・状況

•孤独感からゴミを集めてしまう
•とりあえず収集したい・執着心が強い
•物が捨てられない・片付けられない
•衛生の観念が鈍い・汚いと思わない
•体が不自由でゴミを出せない
•誰もいない住居に近所の人などがゴミを捨てていく
•ADHDである

※ADHDとは…多動・衝動・不注意・先延ばしといった行動によって生活に支障をきたすことをいいます。
日本では「片付けられない女たち」という本によって、この病気が知られるようになりました。
病気か、そうでないかの判断は、生活が困難か?周りに迷惑をかけていないか?で判断されます。
問題のない場合は、その人の個性であると判断されます。